~子育て支援~

★就園奨励費補助★

鳥取市では、幼児教育の普及・充実と保護者の経済的負担の軽減を図る等のため、就園奨励費補助事業を行っております。
この事業は、3歳児、4歳児及び5歳児を就園させている私立幼稚園が保育料の一部を減免する処置に対して行うものです。

★対象となる範囲★

・鳥取市に住民登録をされている世帯で、3・4・5歳児を私立幼稚園に就園させている保護者。(満3歳に達した幼児が、翌年4月を待たずに年度途中から入園する場合も補助対象になります。)
・生計を共にする同一世帯の合計「市民税」の額によって、減免額が決まります。

★補助額★

区分
補助限度額(年額)平成28年度
1人就園の場合及び同一世帯から2人以上就園している場合の最年長者(第1子) 同一世帯から2人以上就園している場合の次年長者
(第2子)
同一世帯から3人以上就園している場合の左記以外の園児
(第3子以降)
生活保護世帯
254,000円
131,000円
131.000円


市民税非課税世帯市民税所得割額非課税世帯

223.000
(ひとり親世帯等
254.000円)
131,000円
市民税所得割額
77.100円
以下の世帯
92,000円
(ひとり親世帯等177.000円)
131,000円
市民税所得割額
211.200円
以下の世帯
50,800円
78,000円
 6 上記以外     65.000円
園児に小学校1~3年生の兄・姉がいる世帯  補助限度額(年額)平成28年度
区分
小学校1~3年生以上の兄姉を有しており、就園している場合の最年長者
(第2子)
小学校1~3年生以上の兄姉を有しており、同一世帯から2人以上就園している場合の次年長者
または、1~3年生以上の兄姉が二人以上いる園児(第3子以降
生活保護世帯
254,000円
254.000円
(区分 1~4は兄、姉が小学校4年生以上の場合もこの表による補助対象となります。)


市民税非課税世帯市民税所得割額が非課税となる世帯
238,000円
市民税所得割額が
77.100円以下の世帯
134,000円
5   市民税所得割額が
211.200円以下の世帯
 95.000円
上記区分以外の世帯  67.000円
・6月ごろに申し込み、9月・3月の2回に分けて支払われます


★第3子保育料軽減子育て支援補助(鳥取県及び鳥取市)★

私立幼稚園に在園する同一世帯の第3子以降の園児に係る保育料を軽減することにより、子育て家庭の経済的負担の軽減し、子どもを産み育てやすい環境を整備することを目的に行われます。

★同時在園補助★

鳥取幼稚園が県の支援を受けて行っている子育て支援事業です。
兄弟姉妹で同時在園となる場合、下のお子様の保育料を9,000円軽減し、入園時の入園料を免除します。詳しくは、入園案内をご覧下さい。

★預かり保育★

保護者の就労等のため、保育終了後も留守になるご家庭の子育てを支援するため、下記のとおり「預かり保育」を行っています。
年間預かり
対象 降園後、子どもの世話をする人がいない家庭の園児
時間 朝は午前7時40分より、帰りは保育終了後より午後6時30分まで
(月~金)
経費 1ヶ月5.000円(おやつ代含む)
8月のみ、8,000円/月
通園 帰りのスクールバスは利用できません。保護者の迎えが必要です。
その他 春・夏・冬期休業中も実施します。
実施しない日 入園式・卒園式
お盆・年末年始
職員研修日等(できない日は事前におしらせします)
一時預かり
対象 突発の用事等でその日の降園後、子どもの世話をする人がいない家庭の園児。
費用 1回 500円  8月のみ、800円/回
その他 その他は年間預かりと同じとなります。