認定こども園鳥取第二幼稚園おひさま保育園

当園について

園長あいさつ

 幼児教育を愛し、50年間幼児教育一筋に歩んできました「鳥取第二幼稚園」は、子育て支援の拡充を必要とする県や地域のニーズに応え、平成26年4月1日、幼稚園と保育園を併せ持つ幼保連携型認定こども園へと移行し、生後7か月〜就学前までの乳幼児が集まる『認定こども園 鳥取第二幼稚園・おひさま保育園』を開園いたしました。
 50年前の創立より特色は『音楽教育』です。歌って・踊って・演奏して…園生活の場はいつも音楽にあふれています。友達と顔を見合わせ、にこにこ笑顔で、音を使った様々な表現を楽しむ子どもたちの姿に、音楽は子どもの心を豊かにし、人と人とをつなげていることを感じます。
 また、5歳までの教育が人の一生を左右すると言われています。本園の教育・保育の内容は、50年間培ってきた幼稚園教育を土台とし、園児の発達の連続性を考慮しながら、乳児部では安心できる生活環境の中で、健康や発達の確保を十分に行うことを大切にし、幼児部では遊びを中心とする様々な体験の中で、人として生きていく生きる力の基盤である知・徳・体の力や、人とかかわる力を育んでいくよう、教育・保育を展開しています。 幅の広い年齢の子どもが集まる「こども園」は、小さな社会となります。自分とは違う人格に出会い、戸惑ったり、共感したり、理解したりしようとする過程は、自立した人として育つための貴重なプロセスです。子ども園だからこそ出来る異年齢の人と人との交流も楽しみながら、ひとりひとりの確かな心の育ちへとつなげていきたいと考えます。 
                            園長 田村 雅子

教育方針

目標:生きる力あふれる子どもを育てる

-目指す子ども像-

あかるく、やさしく、たくましく

-特色ある教育内容-

服装について

左上から順番に、制服(男の子)、制服(女の子)、冬の体操服、夏の体操服です。